【絵本】「パパ、お月さまとって!」作:エリック・カール

秋の風が心地よくなり、そろそろお月見の季節ですね。

秋になると、つい手に取ってしまうのがこの絵本。

エリック・カールの「パパ、お月さまとって!」です。

「お月さまが欲しい。」

「お月様とお友達になりたい。」

なんてきっと子どもなら誰でも思うはず。

そして、昔子どもだったお父さん、お母さんも一度は考えたことがあるはず。

そんなみんなの想いに応えるのは主人公モニカのお父さん。

どんな風に展開するのかな?とワクワクして読み進めると・・・

なんともアナログな方法でチャレンジするお父さん(^^)

お父さんの挑戦に合わせて、横に上に下に、全体にと絵本も広がります。

エリック・カールのきれいな色の世界も広がり、子どもだけでなく大人も夢中になります。

2〜3歳くらいから十分に楽しめ、大人になっても楽しめる絵本です。

絵本の設定と同じように、かわいい女の子のお父さんにぜひ読んでほしい1冊です。

また、少し大きくなると、月の満ち欠けにも目を向け、絵本を読んだ後に、親子で夜空を見上げて、絵本に出てくるお月様の形と見比べてみるのも楽しいですね。

我が家は、男の子2人ですが、エリック・カール好きの私の影響もあって、長男は2歳の頃からこの絵本が大好きでした。

普通の絵本に飽きて来て、そろそろ仕掛け絵本にも挑戦したいなと思ったら、ぜひ、この本を手に取ってみてください。

子どもだけでなく大人も夢中になってエリック・カールの世界観を堪能できると思いますよ。

ちなみに、、、エリック・カールの絵本のお楽しみ、絵本の表紙裏はこんな素敵なお星様が並んでいます♪

さっそくこの本を読んでみようと思われた方は、こちらから購入できます↓

ちなみに、この絵本は、ボードブック版もあります。

もし、お子さんがまだ小さくて、仕掛け絵本は破ってしまわないか心配・・・ということでしたら、こちらのボードブックも丈夫なのでお勧めです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする