【絵本】「なにをたべてきたの?」作:岸田衿子

子どもが大好きだった絵本。

思い出すとたくさん出て来ますが、その中でもベスト5に入るくらい大好きだったと思われるのがこの絵本。

「なにをたべてきたの?」

なんだか懐かしいと思って調べてみると、やはり!

1978年に発売ていたという超ロングセラーの絵本です。

きっと、子どもの頃に私も1度や2度触れたことがあるんだろうなと思います。

同じようなリズムの繰り返しで、子どもも読んでいるこちらもその心地よいリズムに引き込まれていきます。

やさしそうな、きれいなしろぶた君がおなかをすかせて歩いて行き、

「○○(くだもの)、○○、おいしそうな○○、いただきまーす」の台詞が何度も出て来ます。

りんごに、レモン、メロンに・・・

食べたくだものが、お腹の中に色となって表現されているのも、子ども心をくすぐるようで、

2歳だった頃の長男は、しろぶた君のお腹の一つ一つの色を指差し、これが○○で、これは△△、・・・と1つ1つその度に教えてくれ、言葉もどんどん得意になっていきました。

それでもお腹がすいているしろぶたくん。

最後には石けんを食べてしまいます。

「あ!ダメ!!それは石けんだよ!食べちゃだめ!!!」と毎回注意するのも息子の楽しみでした。

最初のうちは、石けんを食べて泡ぶくぶくになってしまうしろぶた君を「かわいそう」と言って、涙しながら見ていた息子。

こんなやさしさを育ててくれるのも絵本のいいところだなとしみじみ思いました。

また、言葉が丁寧なのも読んでいる親としては嬉しいところ。

子どもには、こんなきれいなことばの響きを知っていてほしいなと思います。

くだもの、色、やさしさ、丁寧なことば、たくさんのことをこの1冊から学べるこの絵本は、ロングセラーになるべくしてなった1冊といえるのではないかと思います。

絵本を通して、素敵な色やことばに触れてほしいと願っている方にオススメの一冊です。

感受性の豊かな2〜3歳のうちに、ぜひこの一冊を育児に取り入れてみませんか?

絵本「なにをたべてきたの?」のご購入はこちらから↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする